セミナーに参加してスキルを学んでいるがなかなか成果に結びつかない
今はなんとか成果に結びついているが、5年後、10年後も売り続けることができるのか
一時は成果が出たが、最近は以前ほど成果があがらない

それなら、小林廣久さんから営業に対する考え方を学んでください。なぜなら・・・

理由1  MDRT成績資格終身会員(21回登録、うちTOT3回、COT14回)の実績を持っている
理由2 小林保険塾に参加する多くの保険外務員が優秀な成績を収める、再現性の高いノウハウだから
理由3 異業種でも通用する営業の原理原則だから

そんな小林廣久さんが基本的な「営業に対する考え方」というテーマに限定して語った大変貴重なDVDです。今すぐお買い求めてください。

「ゴルフなどのスポーツでは、上手な人のまねをするのが上達への近道!」とよく言われます。

営業も同じで、保険営業で成功したいのなら、普段から意識して、成功している人の考え方を真似る必要があります。

ただし、一瞬だけスポットで成績を挙げた人ではなく、

ほんとうに「長く売り続けている人」から考え方を学ぶ必要があります。

保険営業は考え方が7割、技術が3割。

小手先の営業スキルだけでは、

仮に一時的に成果が出ても継続して売り続けることはできないのです。

長く継続的に売り続ける秘訣を、ぜひこのDVDから学んでください。

小林保険塾
成功への習慣と考え方
売り続けるための営業術

■DVD/定価11,828円

■構成:講義映像(対談形式) 等

■収録時間:約2時間

営業の王道ここにあり!
生保営業に対する考え方が、お客様に対するすべての行動につながる

小手先の営業スキルだけでは、仮に一時的に成果が出ても継続して売り続けることはできません。保険営業は考え方が7割、技術が3割。業界に多くのファンを持つ小林廣久氏が営業の基盤を作る考え方、時間に関する考え方、中堅となって営業が安定してきてからの考え方など、生命保険営業で成功するために身に着けたい習慣と考え方を、対談形式で紹介します。

《聞き手》有限会社ライフプラザ谷山 代表取締役社長 谷山 彰義

小林 廣久(こばやし・ひろひさ)

株式会社KJパートナーズ代表取締役

MDRT成績資格終身会員(21回登録、うちTOT3回、COT14回)

1958年生まれ、茨城県日立市出身。1990年損保代理店として独立。1993年生保代理店として登録。いち早くFPを活用した保険販売を開始。現在は中小法人約550社の保険担当となる。ユニークなセ-ルスアイデアの達人であり、「積み木話法」「おはじき話法」「保険の好きな人嫌いな人」などを開発。2008年9月MDRT会報誌国際版に「繰り返し達人となった会員がTOTを達成した秘密」の記事が掲載され、世界中にその成功物語が紹介される。

主宰する小林保険塾には、全国から多くの保険外務員が参加。1995年~現在までJAIFA茨城県協会会員、1995年~現在まであしなが育英会及びスペシャルオリンピックス日本の会員、2006年MDRT本部MembershipCommunications Committee、2007年MDRT日本会会計長、2009年~2013年MDRT代理店分会会長、2009年MDRTインディアナポリス大会にて分科会講師、2010年MDRTバンクーバー大会にて分科会講師。