単位取得までの流れ
学習方法
eラーニング
Web解答
マークシート解答
課目ラインアップ
ガイドライン
お申し込み
受講中の方(eラーニング・Web解答)
チラシ(PDF)をみる
お問い合わせ

お申し込みに関するお問い合わせは弊社までどうぞ。

セールス手帖社保険FPS研究所
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-36-2
新宿第七葉山ビル
FP継続教育通信講座係

TEL:03-3352-8302(代)
FAX:03-3352-8420
業務部まで(平日 9:30〜17:30)
Mail:snjk1362@fps-net.com
 

資格更新手続きおよび受講資格の有無が分からない方は、日本FP協会(下記)までお問い合わせください(AFP・CFP®に関する各種情報も確認できます)。

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
会員専用フリーコール
TEL:0120-874-417
(平日9:00〜17:30)

特に人気の「Web解答」は、修了後もテキストを繰り返し活用、相談業務などに役立てることができます。
動作環境/ Windows 7、8、10 Internet Explorer9以降
Google Chrome最新版 Firefox 最新版
マークシート解答・Web解答・eラーニングの3つがあり、Web解答・eラーニングはインターネットからのお申し込みのみとなります。
※eラーニングの場合
[ eラーニング ]
テキスト:Webテキスト(閲覧期間:申込時から3年間)
出題形式:二肢択一問題
採点方法:Web上で解答し、採点
問題数:10問
有効期限:申込から3か月以内
動作環境:Windows7,8,10 Internet Explorer9以降
               Google Chrome最新版 Firefox最新版

[ Web解答 ]
テキスト:郵送
出題形式:二肢択一問題
採点方法:Web上で解答し、採点
問題数:10問
有効期限:教材到着から3か月以内

[ マークシート解答 ]
テキスト:郵送
出題形式:二肢択一問題
採点方法:マークシートによる採点
問題数:10問
有効期限:教材到着から3か月以内

※70点未満は弊社所定のレポートを提出を求め、単位認定となります。

■継続教育制度とは?
 
意義 ライフプランという広範囲に及ぶ領域を包括的に取り扱うFPは、法令や金融商品、市場が日々変化するなか、顧客に対して常に最新のサービスが提供できるよう、継続的に知識や技能の維持、向上に努めなければなりません。日本FP協会では、ライセンス認定基準の根底に4E(※)を据えています、AFP認定者およびCFP®認定者ともに、4Eの中のひとつ(Education;教育)に相当する要件として、「継続教育規程」を定め、資格更新ごとの継続教育を義務付けています。つまり、継続教育と資格更新制度は、AFP認定者およびCFP®認定者がプロフェッショナルとして、その能力を保持することによって、他のFPとの差別化をもたらすことで、クライアントや消費者からの信頼と信認を得るための重要な制度となっています。

4Eとは・・(1)Examination、(2)Experience;経験、(3)Education;教育、 (4)Ethics;倫理の4つの頭文字。
 
必要単位数 AFP認定者は15単位以上、CFP®認定者は30単位以上の取得が必要。
※FP実務と倫理を含め、3課目以上
 
課目 (1)FP実務と倫理
(2)金融資産運用設計
(3)不動産運用設計
(4)ライフプランニング・リタイアメントプランニング
(5)リスクと保険
(6)タックスプランニング
(7)相続・事業承継設計
(8)不動産

2006年4月1日以降に新たな継続教育期間を迎える資格認定者は
上記課目のうち、(1)が必修、(2)〜(8)のうち2課目、計3課目。

なお「FP実務と倫理」は2011年4月1日以降新たに始まる継続教育期間から、AFP認定者は1単位以上、CFP®認定者は2単位以上の単位が必要となりました。