icon社長はそこが聞きたい!「もっと教えて」と言われる税務のはなし

税務調査で署名、押印を求められた場合は?

日本中央税理士法人 代表社員/生保営業支援塾 主宰/税理士 見田村元宣

 

 税務調査があり、その過程の中で「質問応答記録書」という書類に署名・押印を求められることがあります。この「質問応答記録書」とは、税務調査の中で判明した「事実」などを記載し、その内容に間違いがないことを証するための書面です。なぜ、税務調査官が「質問応答記録書」に署名・押印を求めるかというと、これが「重要な証拠」の1つになるからです。当然、「質問応答記録書」に書いてあること、署名・押印の事実はその後の税務訴訟などにおいても重要な証拠となるのです。

※これ以降は会員専用ページです。