1. FPS-Club HOME > 
  2. 税と社会保障 > 
  3. 税理士から見た生命保険販売のツボ > 
  4. ものづくり補助金とIT導入補助金

icon税理士から見た生命保険販売のツボ

ものづくり補助金とIT導入補助金

マネーコンシェルジュ税理士法人 代表社員/税理士 今村 仁

 

 今回は、クライアント先や見込先の経営者様と面談する時などにも参考にしていただける「ものづくり補助金とIT導入補助金」と題して、日本経済を担う中小企業・ 小規模事業者が取り組む生産性向上に役立つ設備投資等の補助金について、経営者様への視点でお伝えします。

 

■ ものづくり補助金

 

 経済産業省の2017年度(平成29年度)補正予算に、いわゆる「ものづくり補助金」と「IT導入補助金」の記載がありましたので、今年も公募が開始されることが内定しました。

 まずは、ものづくり補助金ですが、正式名称としては「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業」で、その概要は以下となっています。

 

1.補助対象事業

 足腰の強い経済を構築するため、日本経済の屋台骨である中小企業・小規模事業者が取り組む生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等の経費の一部を補助する。

 

2.補助対象者

 認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者であり、以下の要件のいずれかを満たす者。

  1. 「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」で示された方法で行う革新的なサービスの創出・サービス提供プロセスの改善であり、3~5年で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。
  2. 「中小ものづくり高度化法」に基づく特定ものづくり基盤技術を活用した革新的な試作品開発・生産プロセスの改善を行い、3~5年で、「付加価値額」年率3%及び「経常利益」年率1%の向上を達成できる計画であること。

※これ以降は会員専用ページです。