1. FPS-Club HOME > 
  2. 今週のトピックス > 
  3. No.3397 早期経営改善計画策定支援、5月29日より申請受付開始

No.3397 早期経営改善計画策定支援、5月29日より申請受付開始

● 早期経営改善計画策定にかかる費用の3分の2、上限20万円を補助

 

 平成29年5月29日から早期経営改善計画の利用申請が開始された。この事業は、資金繰り管理や採算管理などの経営改善の取組みを必要とする中小企業・小規模事業者を経営革新等支援機関が支援し、ビジネスモデル俯瞰図や資金実績・計画表など、早期の経営改善計画の策定を行い、策定された計画を金融機関(メイン行又は準メイン行)に提出し、事業者が自己の経営を見直す契機とすることによって、中小企業・小規模事業者の早期の経営改善・事業再生の取組みを促進することを目的としている。
 中小企業・小規模事業者が本事業に基づき、外部専門家の支援を受けて早期経営改善計画を策定し、その計画について金融機関に提出した場合、早期経営改善計画策定にかかる外部専門家費用の3分の2(上限20万円まで)の補助を受けることができる。

 

● リスケを申請する前の段階での利用がメイン

 

 この事業の特徴として、以下の4つが挙げられる。

  1. 1.条件変更等の金融支援を必要としない簡潔な計画が対象
  2. 2.計画策定から1年後、フォローアップで進捗を確認できる
  3. 3.計画を策定することで、自社の状況を客観的に把握できる
  4. 4.必要に応じ、本格的な経営改善や事業再生の支援策の紹介が受けられる

 

 対象としては、以下のような事業者の利用が適していると考えられる。

  1. 今のところは返済条件等の変更は必要ないが、最近資金繰りが不安定になってきた
  2. 原因はわからないが、売上が減少してきている
  3. 専門家等から経営に関するアドバイスを受け、自社の状況を客観的に把握したい
  4. 経営改善の進捗について、専門家等にフォローアップをお願いしたい

 

● 具体的な流れは?

 

 利用のイメージは、簡略化すると以下のような流れとなる。

  1. 1.金融機関への事前相談
  2. 2.認定支援機関と連名で経営改善支援センターに利用申込
  3. 3.認定支援機関の支援を受けて、計画策定
  4. 4.計画を金融機関に提出
  5. 5.計画策定費用の3分の1を負担
  6. 6.経営改善支援センターが費用の3分の2を支援
  7. 7.認定支援機関が、計画策定後1年を経過した最初の決算時に、モニタリングを実施

 利用を検討される場合は、まず顧問税理士などの認定支援機関に相談してみることをお勧めする。

 

2017.06.08

 

 

murata_photo

村田 直(むらた・ただし)
マネーコンシェルジュ税理士法人
税理士

大阪府茨木市出身。大学卒業後、会計事務所勤務を経て現法人へ。平成22年3月税理士登録。法人成り支援や節税対策・赤字対策など、中小企業経営者の参謀役を目指し、活動中。年に数回の小冊子発行など、事務所全体で執筆活動にも力を入れている。

 

マネーコンシェルジュ税理士法人
◎私たちは「経営者へのお役立ち度★世界一」の税理士事務所を目指します!
http://www.money-c.com/
http://sogyo5.money-c.com/

 

 

 

newbook_02

会社と社長を元気にする
税金のツボ

執筆:マネーコンシェルジュ税理士法人
体裁:B5判サイズ、48ページ
価格:400円(税込)
発行:清文社

注目!

マネーコンシェルジュ税理士法人のホームページ(HP)から直接注文した場合、一冊から注文が可能です。(送料無料、振り込み手数料はお客様負担)。詳しくは、マネーコンシェルジュ税理士法人のHPをご覧ください。

http://www.money-c.com/masukomi/tubo2/tubo2.htm

中小企業の社長が税金とうまく付き合っていくために役立つ「税金のツボ」について、「会社」「経営者個人」「事業承継」「税務調査」「金融機関」などさまざまな角度から、「生命保険料贈与」や「保険の見直し」等も含めて解説しています。法人マーケットでの訪問ツールとして、お客様に喜ばれる1冊。