1. FPS-Club HOME > 
  2. 今週のトピックス > 
  3. No.3659 教育ローンの予約をお早めに

No.3659 教育ローンの予約をお早めに

● 合格後の申し込みでは締切日に間に合わない

 

 我が子が受験となればとにかく合格して欲しいと願うのが親心です。しかし、合格すれば直ぐにお金の問題に直面することになります。早ければ合格発表から1週間で入学金を納めなければなりません。「冬のボーナスで払うつもりだったのに締切日に間に合わない」、「こんなに早く200万円も必要になると思わなかった」などの声が聞かれます。いつまでに、いくら必要になるかは前もって確認しておきたいところです。
 手持ちのお金が不足する時には教育ローンを利用すればよいと考えている人も多いことでしょう。ところが、申し込んでから融資を受けるまでには日数がかかり、入学金の納入締切日に間に合わない可能性があります。このような状況を避けるためには、短い日数で融資が受けられるように教育ローンの予約をしておくことをおすすめします。

 

● 教育ローンの予約とは

 

 ローンを利用する時の手続きの流れは下記のようになります。
 
申し込み → 金融機関での審査 → 契約 → 入金
 
 一般的に教育ローンではこれらの手続きに1~3週間程度かかります。受験シーズンともなれば申し込みの数も増えるので、早めに融資が受けられるとは考えない方がよいでしょう。合格通知を受け取ってから申し込んでいては入学金の締切日に間に合わない可能性があります。
 そこで、早い時期(志望校が決まったとき)に予約をしておきましょう。「教育ローンの予約」とは、受験の前に申し込みをして先に審査を受け、融資が受けられる状態にしておくことです。合格発表後には書類を提出するだけなので、申し込みから始めるよりも早く融資を受けることができます。国の教育ローンでは「必要時期の2~3カ月前が目安」とされており、他の金融機関でも予約を受け付けるところがあるので、願書を提出する前に教育ローンの予約も済ませてしまうと安心です。

 

● 即日融資のローンにはない低金利

 

 入学金の納入締切日まで日数がなく、即日融資のローンを利用する場合があるかもしれません。銀行系カードローンや消費者金融のローンなどのように申し込みから「40分で借りられる」ものもありますが、その金利は高ければ15~18%ほどになります。
 一方、教育ローンの金利は高くても5%程度、国の教育ローンでは1.76%です(2018年10月31日現在)。もしも、金利の高いカードローンで借りてしまったら、低い金利の教育ローンに借り換えることを検討するとよいでしょう。高い金利のローンは支払利息も多くなるので、できる限り早く借り換えることをおすすめします。

 

2018.11.12

 

 

 

森田 和子(もりた・かずこ)

FPオフィス・モリタ 代表

 

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者、DCA(確定拠出年金アドバイザー)
大学卒業後、コンピュータソフト会社、生命保険会社勤務を経て、1999年独立。保険や投資信託の販売をしない独立系のファイナンシャル・プランナー事務所としてコンサルティングを行っている。
お金の管理は「楽に、楽しく」、相談される方を「追い詰めない」のがモットー。情報サイト・新聞・雑誌への執筆多数。企業・学校・イベントで行うマネープランセミナー・講演も好評。

 

FPオフィス・モリタ http://okane-net.com/