1. FPS-Club HOME > 
  2. 今週のトピックス > 
  3. No.3729 中小店舗に、キャッシュレス端末0円キャンペーン!

No.3729 中小店舗に、キャッシュレス端末0円キャンペーン!

● 軽減税率にあわせて、キャッシュレス・消費者還元事業

 

 2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の一定期間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元・割引に対する支援が行われる。
 既に、3月12日から20日の日程で、本事業に参加するキャッシュレス決済事業者の仮登録受付が行われた。4月からは、中小・小規模事業者の対象店舗の登録も始まる予定である。

 

● 加盟店手数料は、実質2.16%以下

 

 2019年10月1日の消費税率引上げ後9ヶ月間について、消費者がキャッシュレス決済手段を用いて、中小・小規模の小売店・サービス業者・飲食店等で支払いを行った場合、個別店舗については5%、フランチャイズ加盟店等については2%を消費者に還元する。
 なお、決済事業者は、上記中小・小規模事業者に課す加盟店手数料を3.25%以下にしておく必要があり、中小・小規模事業者がキャッシュレス決済を行う際に決済事業者に支払う加盟店手数料(3.25%以下)の1/3が期間中、国から補助される。

 

● 決済端末は、本事業に参加すれば自己負担なし

 

 なお、本制度に参加する場合、キャッシュレス決済端末等の導入費用については、国が費用の2/3、決済事業者が費用の1/3を負担するため、自己負担なしとなり、もちろん補助期間終了後も端末は引き続き利用することができる。キャッシュレス決済端末については、消費税軽減税率対策補助金の対象にもなっているが、一般的には本制度を利用する方が有利だと思われる。
 政府は、消費税増税に先駆けて、3月29日に、「プレミアム”キャッシュレス”フライデー」としてポイント付与やキャッシュバックなどの第1弾キャンペーンを実施し、第2弾は4月26日からの10連休に、「キャッシュレスウィーク」として実施する計画のようだ。今年は、消費税増税・軽減税率と合わせて、こちらのキャッシュレス決済の動向も、目が離せない。

 

2019.04.04

 

 

murata_photo

村田 直(むらた・ただし)
マネーコンシェルジュ税理士法人
税理士

大阪府茨木市出身。大学卒業後、会計事務所勤務を経て現法人へ。平成22年3月税理士登録。法人成り支援や節税対策・赤字対策など、中小企業経営者の参謀役を目指し、活動中。年に数回の小冊子発行など、事務所全体で執筆活動にも力を入れている。

 

マネーコンシェルジュ税理士法人
◎私たちは「経営者へのお役立ち度★世界一」の税理士事務所を目指します!
http://www.money-c.com/
http://sogyo5.money-c.com/

 

 

 
newbook_02


マネーコンシェルジュ税理士法人がお届けする無料オリジナルマガジン
『あんしん相続通信』

 
年4回郵送にてお届け

 

最新トピックスやここが知りたい!というポイントを

図解でわかりやすく説明

 
相続でお困りの方や将来の相続が不安な方におススメ!

 
初回無料相談の特典付き!

 
保険営業マンの皆さんへ

 
お客様への情報提供ツールとして、ご利用ください(コピー配布可)。

 
右下の申込書の最下段に、ご自身のお名前をご記入の上、お客様にお渡しください

 
もし、そのお客様から生命保険のご相談があった場合には、必ずご紹介させていただきます。

 
ご希望の方は、下記申込書にご記入の上、
06-6450-6991までFAXください。
https://www.money-c.com/kr/ASTapplication.pdf
 

 

 

newbook_02

その気にさせる事業承継
得すること・損すること

執筆:マネーコンシェルジュ税理士法人
体裁:B5判サイズ、48ページ
価格:400円(税込)
発行:清文社

注目!

マネーコンシェルジュ税理士法人のホームページ(HP)から直接ご注文した場合、1冊から注文が可能です(送料無料、振込手数料はお客様負担)。詳しくは、マネーコンシェルジュ税理士法人のHPをご覧ください。

https://www.money-c.com/masukomi/shoukei/shoukei.htm

中小企業に特化した事業承継について、「事業承継の準備段階」「事業承継スキーム」「現経営者」「後継者」などさまざまな角度から、「得すること・損すること」という対比でわかりやすく紹介しています。また、「遺留分対策として生命保険の活用」や「退職金資金として生命保険の活用」等も含めて解説しています。法人マーケットでの訪問ツールとして、お客様に喜ばれる1冊。