1. FPS-Club HOME > 
  2. 今週のトピックス > 
  3. No.3733 要確認!賃貸借契約書上で消費税を判定

No.3733 要確認!賃貸借契約書上で消費税を判定

● 消費税の非課税取引は17項目限定列挙

 

 消費税は、国内において事業者が事業として対価を得て行う取引を課税の対象としている。しかし、これらの取引であっても消費に負担を求める税としての性格から課税の対象としてなじまないものや社会政策的配慮から、課税しない非課税取引が定められている。
 主な非課税取引としては17項目限定列挙されているが、その中に「住宅の貸付け」があり、「契約において人の居住の用に供することが明らかなものに限られます。ただし、1か月未満の貸付けなどは非課税取引には当たりません。」とされている。
 この「契約において」という文言がキーワードである。

 

● 賃貸借契約書において事務所用のみが課税

 

 国税庁の質疑応答事例において「用途変更の取扱い」が掲載されている。

照会要旨:
住宅として借りた建物を賃貸人の承諾を得ずに事業用として使用した場合の消費税の取扱いはどうなるのでしょうか。

回答要旨:
賃貸借に係る契約において住宅として借り受けていた建物を、賃借人が賃貸人との契約変更を行わずに事業用に使用したとしても、当該建物の貸借料は課税仕入れには該当しません。
なお、貸付けに係る契約において住宅として貸し付けた建物について、その後契約当事者間で事業用に使用することについて契約した場合には、その用途変更の契約をした後においては、課税資産の貸付けに該当し、仕入税額控除の対象となります。

 

 例えば、A社が賃貸借契約書において居住用として借りているマンションの1室を、契約変更せずに実際は事務所として利用していて(実態が事務所用であるため)毎月の賃料を課税仕入れ処理しているとしよう。
 この場合に、A社に税務調査が入ると、その課税仕入れは否認されるだろう。つまり、この場合は事務所用として利用している場合であっても、契約書上は居住用であるので、その賃料は非課税として処理しなければならないのである。
 今後は、賃貸借契約書を確認していただき、必要であれば契約変更をご検討いただきたい。

 

2019.04.11

 

 

imamura_photo

今村 京子(いまむら・きょうこ)
マネーコンシェルジュ税理士法人
税理士

三重県出身。金融機関・会計事務所勤務を経て現法人へ。
平成15年6月税理士登録。法人成り支援や節税対策・赤字対策など、
中小企業経営者の参謀役を目指し、活動中。
年に数回の小冊子発行など、事務所全体で執筆活動にも力を入れている。
プライベートでは、夫は税理士の今村 仁で2女の母。趣味は歌舞伎鑑賞。

マネーコンシェルジュ税理士法人
◎私たちは「経営者へのお役立ち度★世界一」の税理士事務所を目指します!
http://www.money-c.com/
http://sogyo5.money-c.com/

 

 

 
newbook_02


マネーコンシェルジュ税理士法人がお届けする無料オリジナルマガジン
『あんしん相続通信』

 
年4回郵送にてお届け

 

最新トピックスやここが知りたい!というポイントを

図解でわかりやすく説明

 
相続でお困りの方や将来の相続が不安な方におススメ!

 
初回無料相談の特典付き!

 
保険営業マンの皆さんへ

 
お客様への情報提供ツールとして、ご利用ください(コピー配布可)。

 
右下の申込書の最下段に、ご自身のお名前をご記入の上、お客様にお渡しください

 
もし、そのお客様から生命保険のご相談があった場合には、必ずご紹介させていただきます。

 
ご希望の方は、下記申込書にご記入の上、
06-6450-6991までFAXください。
https://www.money-c.com/kr/ASTapplication.pdf
 

 

 

newbook_02

その気にさせる事業承継
得すること・損すること

執筆:マネーコンシェルジュ税理士法人
体裁:B5判サイズ、48ページ
価格:400円(税込)
発行:清文社

注目!

マネーコンシェルジュ税理士法人のホームページ(HP)から直接ご注文した場合、1冊から注文が可能です(送料無料、振込手数料はお客様負担)。詳しくは、マネーコンシェルジュ税理士法人のHPをご覧ください。

https://www.money-c.com/masukomi/shoukei/shoukei.htm

中小企業に特化した事業承継について、「事業承継の準備段階」「事業承継スキーム」「現経営者」「後継者」などさまざまな角度から、「得すること・損すること」という対比でわかりやすく紹介しています。また、「遺留分対策として生命保険の活用」や「退職金資金として生命保険の活用」等も含めて解説しています。法人マーケットでの訪問ツールとして、お客様に喜ばれる1冊。